2006年04月24日

レゴ 先行量産型ジム地上用

RGM-79G-01.JPG

呼び名的には陸戦型ジムの方がしっくりくるのですが、
ジム陸戦用とごっちゃになりやすいのでこの名前で。
登場作品は「第08MS小隊」です。
個人的には大好きな作品です。

↓コレコレ↓
好評発売中!バンダイビジュアル 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 1

ジム&ガンダムに比べると、
少しはダイエットができたかもしれません。
なにせメインカラーがタンとオレンジですから、
多少スリム化は意識して取り組んだのですが、
そこで問題になってくるのがコックピット。
これより太っていた時でさえ乗り降りさせるのは困難な作りで、
いちいち一度分解しなければならなかったので、
この作業の簡略化を考え抜いた挙句、
コアブロックシステムを導入することにしました。
と言ってもコアファイターが入るわけではありませんが、
Aパーツ(上半身)とBパーツ(下半身)に分けて作り、
これをポッチで接合しないで、カポっとハメるだけに。

RGM-79G-11.JPG

そもそもこのジムという機体にはこんなシステムありません。
しかしフィグの乗り降りはかなーり楽になりました。
結局のところこの利便性を追求したところで、
それほど活きるもんでもないんですけど、
一人で「コイツは使えるぜ」とニヤリ。

あと、
タンとオレンジという所有パーツの中でも体力の少ない中で、
ここまで出来たという満足感もあります。
今後何かを作りたくなっても、
そうそうコイツを壊さなくてもいいというメリットも。
しかしMSはとにかくタイルパーツを使いますね。
プリントパーツを使わなければならないほどに…。

しばらく続いている連邦軍のMSシリーズ、
似たような作りでいけちゃうので楽だなぁ。
こういった生産性はジオンと違ってさすがと言ったところです。


その他の写真はコチラにて。

posted by 05 at 01:07| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ!このロボットの作り方は私のやり方と全く同じではないですかっ!!教えて差し上げようと思っていたんですよ!いやーやはりカッコええなぁ・・・。でも、この技術を応用すると、SWのAT−ATなんかも作れちゃいそうですね!ぬふふふふふふふふ・・・・・・。
Posted by レゴ1号×4号 at 2006年04月24日 16:14
うわーーーすごいなあ。
陸戦型ガンダムも、作れそうな勢いですなw
Posted by 突撃 at 2006年04月24日 19:03
>レゴ1号×4号さん
既に導入されていましたか、こうすると楽ですからね、皆さんもたどり着く手法なんですね。ふむふむ。
その含み笑いはなんでしょう?
1号×4号さんがAT−ATを作っているとか?
いやーアレは難しそうですなぁ。

>突撃さん
実はもう1機作ってあります。
写真を撮っていないだけです。
で、それとは別で現在制作中なのが陸ガンですよ。
なんでバレちゃったんでしょうw
ガンダムとガンキャノンでMS作りに必要なほとんどの白パーツが出払っているので、壊したくないなぁとか考えながら作っていますよ。

Posted by レゴ1号 at 2006年04月25日 03:05
ブロックの色がたらこ色みたいです。見たことありません。こんな色あるんですね。初めて知りました。
Posted by レゴボウヤ at 2006年04月29日 17:59
>レゴボウヤさん
この色は“タン”っていうらしいです。2号さんは“砂漠色”と呼んでいます。スターウォーズのセットなんかには比較的よく使われていますよ。
Posted by レゴ1号 at 2006年04月30日 23:57
そうなんですか。小豆色ですか?
Posted by レゴボウヤ at 2006年05月01日 20:39
>小豆色とはまた違うような気がします…。
Posted by レゴ1号 at 2006年05月04日 03:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16966057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。